週末ライダーの朝は早い

週末ライダーのバイク以外のメモ

開発職のインターンシップに来る学生はどんな話を求めているのでしょうか

職場で開発職志望の学生向けにインターンシップを実施することになり、その中の一部の時間(約1時間)を貰って何か話をすることになりました。
会社としてインターンシップで学生を迎えるのは数年ぶり?というか初めて?らしく、特に決まった内容というのも無い様子。

とりあえず自己紹介と担当チームで作っている製品の紹介はするとして、学生さんたちは他にどんなことを聞きたいのでしょうか。

よくある「文系学生でも大丈夫!」的な感じではなく、情報系の学部に所属している学生さんが来るらしい。
となると、やっぱり込み入った技術的な話が良いのか....でもあんまり込み入りすぎているとダメなのか....。

ぱっと思いつくのは以下のようなことですが、果たして..。

  • どんなものを作っているのか
  • 作っているものの規模(ユーザ数、アクセス数など)
  • 作業環境
    • マシンスペック
    • サブディスプレイの有無
  • 使っているツール
    • エディタ
    • バージョン管理ツール(Git?SVN?)
    • 課題管理ツール(Backlog?Redmine?)
  • 使っている言語
  • 開発のフロー(WF?アジャイル?)
  • 個人の裁量
  • 残業時間

...これって自分が転職する時に気になるポイントと同じような。

若手代表()として話すとは言ってももう当時の心は失ってしまっているので、素の学生が何を知りたいのかが知りたいです。